FFT’s Medical Check

1ヶ月ほど前のことですが、振動計測で使用しているFFTが健康診断にいってきました。

”FFTの健康診断”と聞いて疑問に思われる方もいらっしゃることと思いますが、FFTも機械モノ、ということで、計測精度が維持できているか、校正に出したわけです。

結果、何の問題も無く、健康そのものという判定をいただき、よかったです。

これからも大切に使っていきたいと思います。

Thanks, FFT!

Welcome Back!

今日は先日あったたいへんおめでたい出来事について書きたいと思います。既にニュース等でご覧になった方もいらっしゃることと思いますが、1月27日(水)に零戦(零式艦上戦闘機)が鹿児島県の鹿屋飛行場で飛行しました。

戦後、日本国内で零戦が飛行するのは、1978年、1995年に続き、今回で3回目になるのですが、過去2回の飛行はいずれも米国プレーンズオブフェイム航空博物館所蔵の零戦52型でした。

今回飛行した機体は日本の方が所有する零戦22型で、アメリカで修復された機体を日本で飛行できるように、これまで数年間、準備を進めていらっしゃったそうです。日本国内には飛行可能な零戦が1機も存在しないので、たいへん大きな意義のある里帰りだと思います。

是非、継続的な展示飛行の実現へ向け、今後も応援させていただきたいと思います。

Welcome Back!

零戦の関連記事はこちら>>「A Long Time Ago..」

【カバー写真】 カバー写真は今回飛行した零戦22型ではありませんが(河口湖自動車博物館・飛行館に展示されている52型です)、零戦の外観イメージをお伝えする目的で掲載させていただきました。