横浜三塔物語

昨日はお天気でしたので、みなとみらいへ行きました。

何枚か撮影した写真にイフェクトをかけてみました。

下のモノクロ写真にはビートルが写っていますが、オリジナル写真では赤色です。後ろの塔は横浜三塔のひとつ、横浜税関の「クイーン」です。

そしてふたつ目の塔は、県庁の「キング」。

こうしてイフェクトをかけみると、まるで1950年代にタイムスリップしたような写真になります。

そして3つ目の塔は、開港記念館の「ジャック」。ですが、昨日は写真を撮れませんでした。

開港記念館はレトロな良い雰囲気の建物で、いくつかの窓がステンドグラスになっています。

クイーン、キング、ジャックというのは昔々、横浜港に入港する船の目印になっていて、外国の船乗りの方たちの間でつけられた名前なのだそうです。

そしていつしか横浜三塔物語が生まれました。

三つ同時に見える場所が

赤レンガと

大さん橋と

県庁前にあって

三箇所巡って三塔を見ると願いが叶う。

そんな言い伝えがあるそうです。

なんだか不思議な話です。

山下公園前の銀杏並木
帆船日本丸のあるドッグヤード
コスモワールドの観覧車