零戦の振動

「零戦の振動」を出版させていただいてから今日で1年が経ちました。

これまで多くの方に読んでいただき、改めて感謝の意を表したいと思います。

本当にありがとうございます。

この機に込められた技術にこれほど多くの方がご関心をお持ちであること、それは日本の人々のモノ作りへの感心の高さを表しているように感じます。

これからも振動技術でニッポンのモノ作りに貢献できるよう、がんばっていきたいと思います。

2020年9月20日 / 空の日

※画像は2013年、所沢航空発祥記念館に展示されたアメリカ・プレーンズオブフェイム航空博物館所蔵の零戦A6M5です。今日飛行可能な零戦の中で唯一、オリジナルの中島飛行機(現・スバル)製・栄エンジンを搭載しています。半世紀以上に渡って飛行可能な状態を維持していただいていることに、感謝の気持ちが湧いてきます。

自動車の振動解析事例

自動車の振動解析事例をPVにしてみました。デモンストレーション用に撮影したコンテンツを1分ほどの動画にまとめたものになります。

フルビークルモデルを用いたシミュレーションの最大の利点は、車両の固有モードを明瞭に把握できる点です。これによりサスペンションやエンジンマウントインシュレータの特性検討を効率的に行えるようになります。

エアロメカでは、モノコック車のみならずフレーム車(ピックアップトラック、SUV、コマーシャルトラック)の解析も行っております。フレーム車の場合は、フレームの詳細な有限要素モデルをモーダルリダクションすることで解析時間の短縮を図っています。