「振動」タグアーカイブ

零戦の振動 -開催のご案内

今日は「零戦の振動」セミナーについてご案内させていただきたいと思います。

はじめに2016年度は、神奈川科学技術アカデミー様主催イベント「テクニカル・カフェ」にて開催いただけることになりましたので、まずはこの場をお借りして御礼申し上げたいと思います。

本セミナーは昨年度に引き続き2回目となるのですが、今年度も開催できるとは思ってもいませんでしたので、このような貴重な機会をいただけたことに感謝しています。

ここでは本セミナーに関するトピックスを少しご紹介させていただきます。

時はいまからさかのぼること79年前の1937年、この日本で世界に類を見ない高性能な飛行機の開発がスタートしました。それは後に極めて優秀な飛行機として世界中に知れ渡ることとなる零式艦上戦闘機だったわけですが、この飛行機の開発は、当時のエンジニアにとって、かつて経験したことの無い技術領域への挑戦の始まりでもありました。

そのような中、この飛行機の実用化に最後まで立ちはだかったのが振動問題でした。

本セミナーでは、この振動問題にスポットライトを当て、この問題の根本的要因やこの課題克服によってもたらされた技術革新を中心に、当時のエンジニアやパイロットの方々の献身的な取り組みを交えながらご紹介させていただきます。

振動工学に関する部分については直感的にご理解いただけるよう動画などを取り入れた構成となっていますので、どなたでもお気軽にご参加いただけましたら幸いです。

【カバー写真】 2009年に河口湖自動車博物館・飛行館で撮影させていただいた零戦21型です。

☆2015年の開催リポートはこちら

☆メディア掲載記事(朝日新聞様)はこちら

☆セミナー開催の経緯はこちら

零戦の振動 -開催経緯のご紹介

今日は、前回の記事で「To be continued..」となっておりました「零戦の振動」セミナーを開催するに至った経緯についてお伝えしたいと思います。

前回の記事はこちら

元をたどれば、いまから20年ほど前までさかのぼります。今回のセミナーで講師を勤めさせていただきました筆者はまだ20代だったのですが、ある日突然、振動解析担当となりました。「これは面白そうだ!」と思うのもつかの間、大学での不勉強が露呈し、すぐさま路頭に迷うことに。そして「このままではいけない!」とばかりに毎週末の書店通いがはじまりました。横浜市内はもちろんのこと、東京まで足を伸ばして仕事に役立ちそうな工学書を探していました。そのような中、ある日、息抜きに歴史書コーナーに立ち寄ったところ1冊の本に出会いました。それが、零戦の開発を詳細に記した小説だったのです。この本を1日で読み終え、50年以上も前(今から70年以上前)に自分がこれから取り組もうとしている振動問題と格闘し、やがて零戦を実用化に導いた先輩方がいらっしゃったことを知り、大きな興味を持ちました。当時、まだ振動工学的知識が無いに等しく業務経験もなかった自分にとっては、零戦の開発で大きな障壁となった振動問題が具体的にどのようなものであったか詳しく理解するには至らなかったのですが、それがきっかけとなって、仕事に対するモチベーションが一気に上がったのを覚えています。

それから20年ほどが経ち、その間に経験させていただいた様々な振動解析業務を通し、零戦の振動問題や2度に渡る空中分解事故の根本的原因が理解できるようになりました。すると、これまである程度理解していたつもりだったその原因が、実はもっと奥深いところにあることがわかってきたのです。そこで、この事実を零戦に関心をお持ちの方にお伝えしようとしたところ、どうしても振動工学を用いなければ説明できない部分があることがわかり、今回のセミナー開催に至った次第です。また、それと同時に、このような優秀な戦闘機が誕生した背景には、電卓もない時代、当時のエンジニアやパイロットの方々の弛まぬ努力があったこと、そこから現代のエンジニアに問いかけているものがあるように思え、そういったこともできる限りお伝えしたい、それも大きな動機になりました。

半分くらいが昔話になってしまいましたが、ご参考までに開催に至る経緯を綴ってみました。私事にもかかわらず最後までお読みくださり、ありがとうございました。またいつか機会がありましたら、開催させていただきたいと思っておりますので、そのときはまたどうぞよろしくお願いいたします。

☆関連記事☆ (pdf 488kb)

【朝日新聞デジタル 企画特集 「元気のひけつ」(9/2)】

 

at6-90s_02s【カバー写真】 今回のテーマ「A Long Time Ago..」にちなんで、昔の写真を探しておりましたところ、懐かしいものが出てきましたので、掲載してみました。1990年代半ばだったと記憶しているのですが、たまたま飛行訓練で訪れた竜ヶ崎飛行場(茨城県龍ヶ崎市)のハンガーに駐機していたノースアメリカンAT-6(SNJ)”テキサン”のスナップです。この飛行機は零戦と同じ時代に開発されたアメリカの練習機で、日本でのエアーショーのために来日していたようです。大戦機を見たのはこのときがはじめてで、その大きさに圧倒されました。幸運にも所有者の方のご好意により写真を撮らせていただくことができ、この場を借りて改めてお礼を申し上げたいと思います。左の写真は、ちょうど振動問題に取り組み始めた頃(20代)の筆者です。機体の大きさがおわかりいただけるかと思い、僭越ながら掲載させていただきました。今では懐かしい「写ルンです」で撮影していただいた記憶があります。

零戦の振動 Ⅰ – 機体編

seminar20150912a

先日の土曜日に技術セミナー「零戦の振動」を開催させていただきました。ご参加いただいた皆様、本当に感謝しております。ありがとうございました。そして、今回残念ながらご参加できなかった皆様、次回開催時には再度ご検討いただけましたら幸いです。

当日は前日まで続いた雨もあがり、夏に逆戻りしたような1日でしたが、零戦が零式艦上戦闘機として制式採用された7月もそのような暑い日だったかもしれません。今回のセミナーでは、飛行試験時の天候や日付などをできる限り正確にお伝えすることを念頭に準備をしてきたのですが、それらの情報を得るのが思った以上に難航し、何冊もの文献に目を通しながらなんとかまとめることができました。

seminar20150912b

今回、このような技術セミナーを開催させていただくことに至った経緯についてもここでお伝えしておきたいと思ったのですが、夜中になってしまいましたので、今日の続きはまた来週書きたいと思います。

To be continued..

つづきはこちら

【カバー写真】 画像は2013年に「所沢航空発祥記念館」で撮影させていただいた米国プレーンズオブフェイムの零戦52型です。本機は今日飛行可能な零戦の中で唯一、オリジナルの栄21型エンジンを搭載した機体です。現在でも米国のエアーショーで飛行していますが、1978年と1995年に日本でも里帰り飛行しました。今後の帰省?が楽しみです。

零戦の振動 -開催のご案内

来る9月12日に技術セミナーを開催いたします。「零戦の振動」~零戦から学ぶ機械振動、と題しまして、零戦の実用化において大きな障壁となりました振動問題をテーマに、当時のエンジニアやパイロットの献身的な取り組みをご覧いただきながら機械振動の基礎を学んでいただける内容となっています。機械振動がはじめての方でも直感的にご理解いただけるよう映像中心に構成いたしました。故きを温ね、何かあたらしいことを見つけるきっかけにしていただけましたら幸いです。

開催会場など詳しくは、下のリンク(エアロメカホームページ)をご参照ください。

「零戦の振動」-開催概要

※画像は2009年に「河口湖自動車博物館・飛行館」で撮影させていただいたものです。