「nastran」タグアーカイブ

零戦の振動 Ⅰ – 機体編

12月7日に切削油技術研究会様の第80回総会が開催され、その中の基調講演として「零戦の振動1-機体編」のお話をさせていただきました。

切削油技術研究会様は日本全国の自動車をはじめとした様々なメーカーが参画する組織で、切削技術の向上を目的とした技術発表会を毎年1回開催されていらっしゃいます。

今回で80回目ということで、まずはその歴史の重みに敬服しました。

切削技術はモノ作りの原点であり、高精度な部品加工無くして高品質・高性能な製品は生まれません。

日本はこういった加工分野での研究開発が盛んだからこそ今があるのだと思います。

場所は東京・市ヶ谷。外堀通り沿いの風情豊かな場所に立つホテルで、250名程のエンジニアが参加して数々の技術発表が行われました。

高精度な加工を行う上では低振動化が不可欠ということで、皆さま振動に対する造詣が深く、たいへん熱心にご聴講くださり、正直嬉しかったです。

このような貴重な機会をいただけたことに心から感謝したいと思います。

ご参加いただいた皆様、そして今回お声かけくださった幹事企業の方に、この場をお借りして改めてお礼申し上げたいと思います。

ありがとうございました。

自動車の振動設計セミナー

昨日の月曜日は自動車関連メーカー様で自動車の振動設計セミナーをさせていただきました。

今回は普段製品開発の最前線で活躍されているエンジニアの方々に数多くお集まりいただきました。

お客様がお持ちの技術課題に関係するということで具体的な質問を数多くいただき、お話する側としてもたいへん充実した時間を過ごすことができました。

そして同時に振動というものをもっとわかりやすく伝えるために、これまで以上に工夫をしていかなくては、と改めて感じた1日でもありました。

ご参加いただいた皆様、昨日はどうもありがとうございました。

振動解析セミナー in 大さん橋通り

今週の月曜日と火曜日の2日間に渡り振動解析セミナーを開催しましたので今日はそのリポートをしたいと思います。

場所は大さん橋の横浜情報文化センターです。

セミナーの様子 / 2017.2.21

今回は航空、船舶、重工系エンジニアの方々にご参加いただき、いつもと同じくみなさま熱心にお聞きくださり、本当にありがたかったです。

昨年12月開催のときは自動車エンジニアの方々にご参加いただいたのですが、やはり製品分野が異なると着目されるポイントも少しずつ異なってくるので、お話しさせていただく側としても毎回新しい発見があります。

以下、セミナー会場のご紹介です。

エントランスは明治・大正を想像させるアンティークな雰囲気です。

ランチは1Fのカフェ「ランチャンアベニュー」が多いです。

セミナールームは7階にあります。

日本大通り側、奥に見えるのは県庁です。

反対側は大さん橋通りです。

ご参加くださいました皆様、2日間どうもありがとうございました。

振動解析セミナー

今週の月曜日、火曜日の2日間にわたって、横浜情報文化センターで振動解析セミナーを開催させていただきました。

この情報文化センターは関内の大桟橋通り沿いにあって、この時期、街路樹がたいへんきれいに色づいて並木道が絵のようになります。

両日ともお天気にめぐまれたこともあって会場へ通うのが楽しい2日間でした。

今回は自動車や産業機械の開発に従事されているエンジニアの方々にご参加いただいたのですが、普段第一線で活躍されているだけあって、演習がたいへんスムースに進行して少し時間が余ってしまうほどでした。

年末の忙しい時期にもかかわらず貴重な時間を割いてご参加くださり本当にありがたく思っています。

みなさま、2日間どうもありがとうございました。

今回のセミナーが少しでもお仕事のお役に立てることを心から願っています。

会場の様子 / 2016.12.5
会場 / 2016.12.5
会場の周辺:日本大通り側 / 2016.12.5
会場の周辺:日本大通り側 / 2016.12.5
会場の周辺:大桟橋通り側 / 2016.12.6