「NVH」タグアーカイブ

自動車の振動解析事例

自動車の振動解析事例をPVにしてみました。デモンストレーション用に撮影したコンテンツを1分ほどの動画にまとめたものになります。

フルビークルモデルを用いたシミュレーションの最大の利点は、車両の固有モードを明瞭に把握できる点です。これによりサスペンションやエンジンマウントインシュレータの特性検討を効率的に行えるようになります。

エアロメカでは、モノコック車のみならずフレーム車(ピックアップトラック、SUV、コマーシャルトラック)の解析も行っております。フレーム車の場合は、フレームの詳細な有限要素モデルをモーダルリダクションすることで解析時間の短縮を図っています。

自動車の振動設計セミナー

昨日の月曜日は自動車関連メーカー様で自動車の振動設計セミナーをさせていただきました。

今回は普段製品開発の最前線で活躍されているエンジニアの方々に数多くお集まりいただきました。

お客様がお持ちの技術課題に関係するということで具体的な質問を数多くいただき、お話する側としてもたいへん充実した時間を過ごすことができました。

そして同時に振動というものをもっとわかりやすく伝えるために、これまで以上に工夫をしていかなくては、と改めて感じた1日でもありました。

ご参加いただいた皆様、昨日はどうもありがとうございました。

振動解析セミナー in 大さん橋通り

今週の月曜日と火曜日の2日間に渡り振動解析セミナーを開催しましたので今日はそのリポートをしたいと思います。

場所は大さん橋の横浜情報文化センターです。

セミナーの様子 / 2017.2.21

今回は航空、船舶、重工系エンジニアの方々にご参加いただき、いつもと同じくみなさま熱心にお聞きくださり、本当にありがたかったです。

昨年12月開催のときは自動車エンジニアの方々にご参加いただいたのですが、やはり製品分野が異なると着目されるポイントも少しずつ異なってくるので、お話しさせていただく側としても毎回新しい発見があります。

以下、セミナー会場のご紹介です。

エントランスは明治・大正を想像させるアンティークな雰囲気です。

ランチは1Fのカフェ「ランチャンアベニュー」が多いです。

セミナールームは7階にあります。

日本大通り側、奥に見えるのは県庁です。

反対側は大さん橋通りです。

ご参加くださいました皆様、2日間どうもありがとうございました。

自動車の振動設計セミナー

2日の金曜日に自動車メーカー様で技術セミナーをさせていただきました。

テーマは「自動車の振動設計」。

ひとことでいうと自動車の乗り心地や快適性をどうやって設計して製品化に結びつけるか、といった内容です。

予想をはるかに超えるたくさんの方にお集まりいただき、本当にありがたかったです。

そして、やはり自動車メーカーのエンジニア。図面に反映することを念頭においたかなり実際的なご質問に、こちらも一生懸命お答えさせていただきました。

主催者の方からはお昼をごちそうなったり終始ご丁寧なおもてなしをいただき、今回の開催へ向けてご尽力いただいたマネージャーの方には感謝の気持ちでいっぱいです。

そしてご参加いただいた皆様、最後までお聴きくださり本当にありがとうございました。