「シミュレータ」タグアーカイブ

計器飛行訓練

先日、計器飛行の定期訓練に行きました。

場所はいつもお世話になっている羽田の乗員訓練所です。

浜松町からモノレールに乗って海上保安庁や新聞社の格納庫がある整備場駅で降ります。

 

 

この日は管制官の指示を受けながら雲の中を降下して名古屋空港へ着陸する訓練でした。

実機ではなくフライトトレーニングデバイスという航空局認定のシミュレータですが本番さながらの雰囲気なので良い訓練になります。

管制官はレーダースコープだけを見て飛行機を上空から滑走路まで安全に誘導します。

一方、パイロットは管制官からの指示通りに機首方位を合わせてエンジンパワーとピッチコントロールで降下角を調整していきます。

「もうちょい右、、少し角度浅い、、」

といったような情報がヘッドセットに入ってきます。

そしてコースと降下角が基準値に入ると

「オンコース、オングライドパス」

と言ってくれます。

なのでパイロットにとっては無線通信だけが頼りです。

この方式は精測進入方式といって雲の中を飛行する着陸方式のひとつなのですが、通常はILSという方式が使われます。

ILSの場合は滑走路傍のアンテナから発信される電波を飛行機が受信すると飛行コースと降下角のずれ具合がリアルタイムで機上計器に表示されるのでパイロットだけで安全に着陸できます。

精測進入はILSの地上設備や機体の計器が故障した場合、万が一のバックアップ手段的な意味合いがあります。

訓練所で管制官役をしてくださる方は大型機のパイロットなので、よりこちらの気持ちがわかるからだと思いますが、本当にレーダー誘導が上手です。

いつもすごい!って思います。

計器飛行-ILSアプローチ

仙台空港に計器進入する様子をキャプチャーしてみました。

計器進入というのは着陸しようとする飛行場の天気がわるいとき、具体的には雲が低かったり視程が低かったりして上空から滑走路が見えない場合に使用されます。

ただ、今回は着陸の様子も写すために良い気象条件を選択しています。

この計器進入にはいろいろなバリエーションがあって、今回はILSという進入方式を使いました。

このILS進入は世界的に広く普及している方式で、滑走路に設置された2つのアンテナからの電波を機体側でキャッチすることで、たとえ雲の中であってもパイロットがコースと降下角を把握できるようになっています。

ils_image2

悪天候を飛行する計器進入の場合は有視界での着陸とは異なり、かなり遠くからアプローチしていきます。

また、機体は常にレーダーで捕捉されながら飛行するため、管制官とパイロットのやりとりが多いのも特徴です。

映像は実機のフライトとほぼ同じオペレーションとなっていますので、少しではありますがその様子がおわかりいただけるかと思います。(映像は約3分です)

Haneda Training Center

先日、羽田の乗員訓練所に行きました。

半年に一度受けている定期訓練で、場所は羽田整備場地区にあるシミュレータ訓練所です。

このシミュレータ、試験にも使われる本格的なもので、航空局の認定を受けていますので、正式な訓練時間としてフライトログに記入できます。

ここでは主に計器飛行の訓練を実施されているのですが、日本全国の飛行場で様々な気象状態を模擬して計器進入することができます。

普段、有視界気象状態で飛行している自分にとっては貴重な経験をつむことができ、かつ全般的な操縦技量の底上げにも効果大とあって、気がついたら10年もお世話になっていました。

ということで、記念写真を撮っていただきましたので、僭越ながら掲載させていただきました。

撮影してくださった教官にはこの場をお借りして改めてお礼を申し上げたいと思います。

その節はどうもありがとうございました。

そしてこれからの10年もどうぞよろしくお願いいたします。