「振動」タグアーカイブ

零戦の振動Ⅱ – エンジン・プロペラ編

先日の9月29日(金)に開催されました講演会の様子をリポートしたいと思います。

この日のテーマは、「零戦の振動Ⅱ – エンジン・プロペラ編」。

神奈川県立産業技術総合研究所様主催のイベント”サイエンスカフェ”で講演させていただきました。

場所は川崎市の神奈川サイエンスパークで、ここではいろいろな科学技術の試験・研究が行われています。

夕方5時半からの講演だったのですが、募集定員を超える31名の方々にお集まりいただき、中には県外からご足労いただいた方までいらっしゃったようで、本当にありがたく思っています。

零戦の開発で発生した振動としてよく知られている機体振動に対し、今回のテーマ「エンジン・プロペラ編」は、ほとんど書物に記載が無い振動問題に焦点をあてた内容でした。

なので、今回は論文の情報をもとに自ら計算を行って、その振動メカニズムを確かめた結果をいわば発表するような構成だったので、少したいくつなお話だったかもしれないと少し反省しています。

今後はこのエンジン・プロペラ振動のトピックス的な内容までご紹介できるように、もう少し詳しく調べて今回の反省点を改善していきたいと思っています。

最後に今回ご参加いただきました皆様、長い時間お聞きくださり、本当にありがとうございました。

そして、今回のイベントを企画し、万端な準備を整えてくださいました神奈川県立産業技術総合研究所の皆様には、改めてお礼申し上げたいと思います。

自動車の振動設計セミナー

2日の金曜日に自動車メーカー様で技術セミナーをさせていただきました。

テーマは「自動車の振動設計」。

ひとことでいうと自動車の乗り心地や快適性をどうやって設計して製品化に結びつけるか、といった内容です。

予想をはるかに超えるたくさんの方にお集まりいただき、本当にありがたかったです。

そして、やはり自動車メーカーのエンジニア。図面に反映することを念頭においたかなり実際的なご質問に、こちらも一生懸命お答えさせていただきました。

主催者の方からはお昼をごちそうなったり終始ご丁寧なおもてなしをいただき、今回の開催へ向けてご尽力いただいたマネージャーの方には感謝の気持ちでいっぱいです。

そしてご参加いただいた皆様、最後までお聴きくださり本当にありがとうございました。

零戦の振動 Ⅰ – 機体編

今日は、先日(8/26)神奈川サイエンスパークで開催されました”零戦の振動”セミナーをリポートしたいと思います。

本セミナーは神奈川科学技術アカデミー様で毎年開催されているテクニカルカフェという教育講座のひとつで、県内の企業・研究所などで技術的な職務に携わっている方をゲストスピーカーに招いて2時間ほどのアカデミックな時間を過ごすというイベントです。通常の技術セミナーとは異なり、短時間で異業種の世界を垣間見れるとあって、毎回多くの方が参加されていらっしゃいます。

そして今回はそのような貴重な場でお話する機会をご提供いただいたのですが、ありがたいことに20名を超える方からお申し込みをいただいたこともあり、普段とは異なる雰囲気に日々緊張しつつ当日を迎えたのでした。(生まれてこのかたそのような大勢の方の前でお話した経験がありませんでしたので。。)

しかし、始まってみると、皆様たいへん熱心に聴講くださり、また今回はエンジニアの方が多く参加されていたようで、技術的なご質問も多く、そのおかげで自分自身たいへん楽しく過ごすことができました。

そして、零戦に対する皆様の関心の高さから、この飛行機の技術的側面をお伝えすることの意義を改めて感じた1日でもありました。

今後も機会をいただける限り、是非継続していきたいと思っています。

開催の様子 / 2016.8.26 / 会場はカフェの一角。くつろいだ雰囲気の中で開催されました。
開催の様子 / 2016.8.26 / 会場はカフェの一角。くつろいだ雰囲気の中で開催されました。

 

今回は、夕方6時から夜8時という時間帯での開催だったのですが、県内外から多くの方にお集まりいただき、本当に感謝しています。また、今回の開催に際し、大型モニターのご準備やセミナー終了後の撤収で夜遅くまでご対応いただきました神奈川科学技術アカデミーの皆様、この場をお借りして改めて御礼申し上げたいと思います。

IMG_7854
開催の様子 / 2016.8.26

 

☆前回の開催リポートはこちら

☆メディア掲載記事(朝日新聞様)はこちら

☆セミナー概要はこちら

☆セミナー開催の経緯はこちら